刑事弁護士の役割と私選弁護人

刑事事件における弁護人の役割というと,まず「無罪を争うこと」とお考えになる方が多いかと思います。
もちろん,無罪を争うことも弁護人の大切な役割ですが,刑事事件の多くは罪を認めている自白事件であって,刑事弁護士には以下の様な役割があります

早期釈放・不起訴獲得

早く釈放させたい、職場に知られたくない、前科をつけたくない、不起訴にしたい、と言うのは、刑事弁護士に期待されている役割かと思います。
逮捕直後に当法律事務所に依頼され、早期釈放・不起訴獲得できた事例は下記をご覧ください。
詳細は「早期釈放・不起訴獲得の事例」をご覧ください。

(1) 接見(面会)

被疑者が逮捕・勾留されると,家族や会社の同僚など外部の人と自由に会うことができなくなります。
そのような状況で被疑者は非常に孤独で不安になるのが通常ですので,弁護人が速やかに接見し,被疑者に法的なアドバイスをすることが非常に重要になります。 特に,接見禁止になり,家族とも会えなくなってしまったとしても,弁護人は接見することができます。 そのような理由で,弁護人の接見は非常に大切と言えます。

(2) 身柄解放活動

弁護人は,被疑者が逮捕されてしまっても,勾留されないように検察官と交渉したり,勾留されてしまっても,勾留決定に対する準抗告や勾留取消請求などをして,被疑者の身柄が解放されるように早期釈放の活動をすることができます。

(3) 不起訴処分に向けた活動

わが国の刑事裁判では有罪率が99%であるため,前科がつくことを回避するためには不起訴処分を勝ち取らなければなりません。
自白事件では,早期に被害者と示談を成立させることが不起訴処分を勝ち取るために最も重要であり,経験豊富な弁護人に示談交渉を依頼するべきでしょう。

(4) 保釈

起訴後も勾留が続く場合,保釈を請求することができます。 保釈とは,保証金の納付を条件として,被告人に対する勾留の執行を解く制度のことです。 保釈が許可されれば,一定の条件は付されますが,釈放され,家族のもとに帰ることができます。
すぐに保釈請求してくれる刑事弁護士を選任しましょう。

(5) 執行猶予・刑の減刑に向けた活動

自白事件の場合,まず執行猶予を目指しますが,執行猶予が難しいときでも,少しでも刑が軽くなるように示談交渉などの弁護活動をします。 執行猶予や刑の減軽を勝ち取るためには,やはり被害者との示談が最も大切と言えます。

アーク東京法律事務所(東京・神戸)では積極的に私選における刑事事件の弁護を行っています。
相談は無料です。下記までお気軽にお問い合わせください。

刑事事件無料相談

刑事事件関連ページ一覧

このページの先頭へ