迷惑防止条例違反と強制わいせつ罪の違い

痴漢は犯罪ですが,刑法の強制わいせつ罪になる場合と都道府県が制定する迷惑防止条例違反になる場合があります。この迷惑防止条例は,東京都の場合,「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」になります。以下では,東京都の場合を例に説明します。

まず,どのような場合に強制わいせつ罪になり,どのような場合に迷惑防止条例違反になるのでしょうか。

一般的には,着衣の上から触るだけなら迷惑防止条例違反,着衣の中に手を入れて触れば強制わいせつ罪と言われています。しかし,これも絶対の基準というわけではありません。

次に,強制わいせつ罪になった場合と迷惑防止条例違反になった場合では,どのような違いがあるのかというと,①法定刑と②親告罪か否かという違いがあります。

強制わいせつ罪の場合,法定刑は「6月以上10年以下の懲役」であるのに対し,迷惑防止条例違反の場合,法定刑は「6月以下の懲役または50万円以下の罰金」ですが,常習であれば「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」になります。強制わいせつ罪の方が重い罪と言えます。

次に,強制わいせつ罪は親告罪ですので,被害者の告訴がなければ起訴することができませんが(ただし,「2人以上の者が現場において共同して犯した」場合には親告罪にはなりません。),迷惑防止条例違反は親告罪ではありませんので,告訴がなくても起訴することができます。

強制わいせつ罪の場合,親告罪ですので,たとえ告訴されてしまったとしても,被害者と示談が成立し,告訴を取り消してもらえれば起訴されることはありません。

これに対し,迷惑防止条例犯の場合は,親告罪ではないので,示談が成立しても法的には起訴される可能性はありますが,示談が成立しているのに起訴されることはあまり考えられませんので,早期に示談を成立させることが重要と言えます。

早期に示談成立をお考えの方、今すぐアーク東京法律事務所にお電話ください。

アーク東京法律事務所(東京・神戸)では積極的に私選における刑事事件の弁護を行っています。
相談は無料です。下記までお気軽にお問い合わせください。

刑事事件無料相談

刑事事件関連ページ一覧

このページの先頭へ