不起訴になるには

痴漢で逮捕された場合,そのまま何もしないでいると,身柄拘束(勾留)が継続するおそれがあり,起訴されて有罪とされてしまうと,刑罰が科されるだけでなく,痴漢という非常に不名誉な罪で前科がついてしまいます

また,身柄拘束が継続することによって,勤務先に痴漢で逮捕・勾留されていることが発覚し,最悪の場合には仕事を失ってしまうかもしれません。

そこで,早期の身柄解放と不起訴処分(起訴猶予)を勝ち取らなければならなくなりますが,そのために最も大切なことが示談を成立させることです。

弁護人は,検察官に勾留請求しないように働きかけたり,勾留決定に対する準抗告をしたりして身柄解放を試みますが,身柄解放が成功するためには示談の成立が非常に重要になります。

逮捕・勾留や起訴といった刑事事件の手続は国家の刑罰権を発動するための手続ですので,示談が成立し,被害回復がなされて,被害者の処罰感情がやわらいでいるということになると,刑罰権を発動する必要性が乏しくなり,身柄が解放されやすくなるのです。

また,痴漢事件のうち強制わいせつ罪は親告罪なので,被害者と示談をして告訴の取消しをしてもらえれば,起訴されることはありません。

迷惑防止条例違反は親告罪ではありませんが,示談が成立しているのに起訴されることはあまりないでしょうから,示談の成立が起訴と不起訴の分かれ目になると言っても過言ではないでしょう。

痴漢で逮捕された場合には,本人が真摯に反省して二度と痴漢をしないと決心した上で,一日も早く被害者と示談を成立させ,身柄解放と不起訴処分(起訴猶予)を目指すべきです。

アーク東京法律事務所では無料相談を行っています。一日も早く示談を成立させるためにも,今すぐお電話ください。

アーク東京法律事務所(東京・神戸)では積極的に私選における刑事事件の弁護を行っています。
相談は無料です。下記までお気軽にお問い合わせください。

刑事事件無料相談

刑事事件関連ページ一覧

このページの先頭へ